回転式ドラム栽培機 発芽野菜 スプラウト

TFM201111050002.jpgTFM201111050001.jpg

 

TFM201111050003.jpg

スプラウト(英: Sprout)とは、主に穀類、豆類、野菜の種子を人為的に発芽させた新芽で、発芽した芽と茎を食用とする。
モヤシと同義語であり、穀類の新芽作物一般を指す語である。
スプラウトは主にブロッコリーやマスタード、クレス、大根などのアブラナ科の緑黄色野菜や、豆類の種子が使われる。ブロッコリースプラウト、かいわれ大根、ビーンズスプラウトなどと呼ばれる。 発芽野菜、新芽野菜とも呼ばれる。

分類

もやし型(豆型) 暗室のみで育て、緑化させないもの。緑豆もやし、大豆もやし、アルファルファ、フェヌグリークなど

かいわれ型(アブラナ科型) 茎が伸びるまで暗室で育て、その後たっぷり光をあてて緑化させたもの。大根、ブロッコリー、ムラサキキャベツ、マスタード、クレス、豆苗、ソバなど

その中間型 暗室で発芽後、緑化させたもの。

発芽したてのもの 発芽後すぐに種ごと食べるもの。 発芽玄米、リョクトウ、アズキ、ケツルアズキ、レンズマメ、ヒヨコマメなど

栄養等

発芽に伴う代謝の中で、種子のときには存在しなかった成分も新たに合成され、ビタミン、ミネラル、フィトケミカルなどが含まれる[要出典] ローフードや酵素栄養学では「酵素を多く含む食材である」として重視される。 1994年アメリカのジョンズ・ホプキンス医科大学のポール・タラレー教授らによって、発芽3日目のブロッコリーの新芽・ブロッコリースーパースプラウトに含まれるスルフォラファンが強いがん予防効果を持つことが明らかにされた。この研究発表を受けてブロッコリースプラウトがアメリカでブームになった

<<ウィキペディアより>>